Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
いらっしゃいませ♪
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ご無沙汰しております Jun 21, 2017
06/12のツイートまとめ Jun 13, 2017
06/11のツイートまとめ Jun 12, 2017
05/27のツイートまとめ May 28, 2017
05/26のツイートまとめ May 27, 2017
ブログランキング
ランキングに参加しています!
カテゴリ
おすすめ
最新コメント
月別アーカイブ

みゃおん発見時の経緯1

4/14の地震発生から迷子になってしまったみゃおん。
2ヶ月も過ぎ、不安や焦りもある中で半ば諦めかけていた矢先、
6/26夕方捜索に出かけたところ偶然にもみゃおんを見つけることができました。

2ヶ月もの間温かい応援や励まし、情報拡散してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

迷子猫捜索のヒントになればと思い、みゃおん発見時の経緯を記したいと思います。
2ヶ月の捜索の様子なども折を見て書ければいいなと考えています。

<6月26日>
朝から気持ちよいお天気で爽やかな陽気。
こういう日こそ捜索日和だということはわかっていても
なかなか気持ちが動かない。

夜型人間の私は早朝の捜索がほとんどできず、
最近では夕方~夜、夜10時以降の捜索が主な捜索時間。
でも最近は雨の日が多かったせいもあり、まともな捜索はしていませんでした。

保護猫の世話もしつつ、午後になり今日は何時から捜索に行こうかな~と
考えて天気図を眺めていました。

tennki1.png

今日は涼しいし、歩いても暑くないから早めに出よう・・・
いつもは夕食後から20時位までの捜索を夕食前にすることに。
天気図に赤で囲んでいる時間帯です。
18時前に家を出ました。

後から気がついたこと
・この時間帯はみゃおんがいつも家でご飯を食べる時間だったこと
・気温が下がり猫にとっても過ごしやすい時間だったのでは?
・雨の日が続いていたので近所の餌やりさんから餌をもらえると期待して動いた?


この3つが天気図を見て後からそうだったのかもと思った点です。

そして家を出てまずどこへ向かうか・・・
最近餌場にいた茶白の猫ちゃんが全然姿を見せないので
その確認もしつつ餌場付近を囲むように周ろう・・・
周ったルートはこんな感じ
map2.png

発見場所は自宅の裏手の細い住宅地の路地です。
捜索するときは必ずこの路地は毎日通っていました。
家を出て右に周る時もあれば左から周るときもあり、
この日はたまたま左回りでした。

この付近は毎日歩いているし、ポスティングも何度もした場所。
歩いていても確認程度であまり気にも留めていませんでした。
発見場所は何台か車を止められるスペースがある所。
無意識に車の下を覗くと茶色の猫。

<みゃおん発見>
ん???茶トラ?
「みゃん?」(みゃおんを普段呼ぶ時『みゃん』と呼んでます。)
するとニャーニャー鳴くものの近づいてはきません。
体もかなり小さいし、前に目撃したけど確認できなかった茶トラかな?と思いつつも
みゃん、みゃんと呼び続け餌が入ったタッパーを振ってみる。
かなり興味を示して鳴き続けるがやっぱりこない。
逃げないようにタッパーを静かに置いて、その場から少し離れた所で様子を見る。

myaon5.png

すると恐る恐る車の下から出てきて餌のほうにダッシュ。
ものすごい勢いで食べ始めました。
その間も「みゃん?みゃんちゃん?」と声はかけつつ、少しずつ距離を詰めていく。

やっぱりこれはみゃおんじゃないか?尻尾もまっすぐだし、声もそっくり。
もう少し近づいて確認したい・・・
そんなときに限って車が通ったりして猫がビビッてまた後ずさる。

逃げないで・・・と焦る気持ちを抑えつつ見守るしかない。
また餌のところに戻って食べ始めたところでさらに距離を詰める。
名前を呼びながら指先をそ~っと近づけると
顔を摺り寄せて甘えてきた!

やっぱりみゃおんだ!
この猫がみゃおんとほぼ確信できたけど、もっとみゃおんだとわかる証拠が欲しい・・・
頭を撫でつつ抱きかかえてみても怖がらない。
みゃおんだと確認するには口元を見るのが1番。
子猫のみゃんを拾ったとき、口元のお肉が剥がれていたので
治ったものの微妙に口元の形がおかしいので一目見ればすぐにわかる。

抱っこして口元を見るとやっぱりみゃおんに間違いない!
ここでようやくみゃおんと確信する事ができ、嬉しさがこみ上げてくると共に
どうにかして連れて帰らなきゃと焦る。

みゃおんを抱きかかえつつ、バッグに入れていた洗濯ネットを探すも
ネットがない!!!!!
こんなときに限って入れてないなんて・・・
最近の捜索がいかに適当になってたかよくわかります(汗)

とりあえずみゃおんを抱きかかえ家まで帰るしかない。
家はすぐ近くとはいえ抱っこしたままで帰れるか不安でしたが、
泣き叫ぶみゃおんに「お家に帰ろう、帰ろう・・・大丈夫だよ」と
家に着くまで耳元にささやき続けました。

途中で人に会うたび、興奮して逃げ出そうとするみゃおん。
その度に強く抱きしめて「お願い、逃げないで・・・!」と祈る

ようやく家にたどり着いて母を呼ぶ。
私も興奮していたので「早く、早く!!全部の窓閉めて!!」
慌てて窓を閉めてみゃおんを下ろす・・・
「みゃおんが帰ってきたよ・・・」
私は声にならず嗚咽するばかり・・・やっとやっとみゃおんが帰ってきた
今までの思いが一気にあふれ出てしまいました・・・


長々と書いてしまいました・・・。
とりあえずみゃおん発見まで。
その後の話とみゃおんがなぜそこにいたのかの推測はまた後日書き記します。

ここまで読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

C

omment


プロフィール

みこみゃう

Author:みこみゃう
慢性腎不全のニャゴロウ。
食生活中心の保護猫日記を書いていましたが、
2017/04/29に天国へと旅立ちました。

一緒にいてくれてありがとう。

みゃおん
Instagram

インスタでも写真を投稿してます
@mikomyau



☆おすすめ☆
忍者アドマックス
貼るだけで報酬ゲット♪
☆モニターサイト☆
話題のコスメや新商品が試せちゃう♪